コラム

column

【ビジネス法務】優先的地位濫用と下請法規制の新展開

コラム2020/7/9

『ビジネス法務』2020年7月号の「特集」は「変化を捉え、適切な社内体制を構築する〜優先的地位濫用と下請法規制の新展開」です。公取委による「優先的地位の濫用」の適用場面が広がりを見せています。優先的地位の濫用は分野横断的 詳細をみる

【ビジネス法務】中小企業の株式の基本知識

コラム2020/6/16

『ビジネス法務』2020年6月号の「連載」は「株主・株式からみた中小企業M&Aの実務」です。その中に「中小企業の株式の基本知識」のコーナーがあります。事業承継を目的とした中小企業M&Aで圧倒的多数を占める 詳細をみる

【ビジネス法務】企業法務の「周辺学」

コラム2020/6/8

『ビジネス法務』2020年6月号の「特集」は「新人弁護士・法務部員が知っておきたい『周辺学』」です。国内・国外取引の流れや、税務・会計的な視点、法務実務に役立つ周辺知識をまとめて学ぶ機会というのはあまり多くはないのが現状 詳細をみる

【ビジネス法務】企業が労働委員会を活用する際の留意点

コラム2020/5/26

『ビジネス法務』2020年5月号の「実務解説」は「企業が労働委員会を活用する際の留意点」です。使用者が労働委員会にあっせん手続きを申請する案件が増えているそうです。その背景には、使用者が抱えている漠然とした「ユニオンとは 詳細をみる

【ビジネス法務】勝つ「訴状」の作り方

コラム2020/5/22

『ビジネス法務』2020年5月号の「特集」は「勝つ『訴状』の作り方」です。「訴状」(準備紙面)には法理論とことばを武器にする弁護士の力量すべてが表れるといっても過言ではありません。要件事実に基づいた基本的な書き方以上の“ 詳細をみる

太田・小幡綜合法律事務所から「弁護士法人PLAZA総合法律事務所」へ 名称変更にあたって

コラム2020/5/19

代表弁護士 太田勝久プラザは広場、その輪を広げて プラザとは、都市にある公共の「広場」という意味合いです。ここに専門家が集い、お客さまも集まる。広場のにぎわいをつくることで、この場をみんなで豊かにしていこうという思想があ 詳細をみる

事業者の支払猶予対策について

コラム2020/5/12

コロナ禍による緊急事態宣言によって、日本中の経済活動が停止しています。事業者にとっては売上が激減して、極めて厳しい資金事情となっております。事業者としては、資金対策が必至になっておりますが、その対策として支払の猶予を求め 詳細をみる

【ビジネス法務】「カスハラ」定義と企業に求められる対応姿勢

コラム2020/4/21

『ビジネス法務』2020年4月号の「特集3」は「“クレーマー”から従業員をどう守る?企業に求められる『カスハラ』対策のすべて」です。カスタマー・ハラスメント(カスハラ)に関して、企業が顧客などから著しい迷惑行為に関して、 詳細をみる

【ビジネス法務】電子契約のしくみと導入プロセス

コラム2020/4/7

『ビジネス法務』2020年3月号の「特集」は「今こそ変化のとき 電子契約のしくみと導入プロセス」です。「なぜ今の時代、契約書だけが紙なのか」。そんな疑問や不満を持ちつつも、日頃の業務に追われていませんか。実態がわからない 詳細をみる

【ビジネス法務】多様な働き方における「労働時間」該当性と管理のあり方

コラム2020/3/30

『ビジネス法務』2020年3月号の「特集2」は「多様な働き方における『労働時間』該当性と管理のあり方」です。働き方改革関連法により、日本の法律上はじめて罰則付きで時間外労働時間数の上限が設定されました。本解説の見出しは次 詳細をみる

Copyright © 2020 PLAZA Law Office All rights reserved.