皆さん、名義財産というのを聞いたことがありますでしょうか?よくあるのが、『名義預金』と呼ばれるものです。お父さんが、自分の子供名義の銀行口座を作り、そこにお父さん自身がお金を預け入れる。このような話は、皆さんの周りでもよく耳にしますよね。でも、このことが後々の相続で問題になる場合が多いのです。このような預金口座を作ったまま、お父さんが亡くなり相続が開始したとします。
一見すると、口座名義が子供の名前になっていることから、相続人(口座名義人)は、この預金は自分のモノであって相続財産ではないと思ってしまうのです。しかし、この預金口座の名義は子供名義であっても、実際は亡くなったお父さんの相続財産になります(預金通帳等の管理状況によっては異なる場合があります。)。
このような勘違いから遺産から漏れてしまい相続税申告が必要な方の場合、後日、税務署から指摘を受けるなど税務上のトラブルになることがあります。
先日も、遺産分割で争いが起きている方から、当事務所で遺産分割交渉の依頼を受け、遺産内容を確認していたら、名義預金がゴロゴロ出てきて、「これは遺産ですよ。」と伝えると、この預金は父が私のために貯めてくれたもので、名義も自分名義なのだから遺産ではない。と仰っていました。この勘違いを解くのに、やや時間がかかりましたが、何とかご理解をいただき遺産内容の特定をすることができました。このことは、子供名義にかかわらず、孫の名義や子供の配偶者名義などなど、様々な名義預金があるものです。
 このように、これは遺産なのかそれとも違うのか、一見するとわかりにくいことが多々あります。遺産分割を行うさいには、遺産内容をしっかりと確認し、相続人間での認識を合わせる必要があります。
当法律事務所では、相続問題に長年取り組んでおり、経験豊富な弁護士等が在籍しておりますので、お気軽に当事務所の無料相談(初回のみ)をご利用ください。
          
(行政書士 関上 健一郎)